CTなどの先進設備を導入する名東区の歯医者 いざわ歯科

ご予約・お問い合わせ
052-775-2037

9:00-12:30/14:00-18:00 (土曜は17:00まで) 休診 木・日・祝

DEVICE

設備紹介

安全で質の高い治療のために
こだわりの設備を導入
藤が丘駅近くの歯医者 いざわ歯科は、患者さんが安心して治療を受けられるように、
世界基準の衛生設備で感染対策を徹底し、
より質の高い治療を提供するため、充実した設備機器を取り揃えています。

CLEAN&SAFETY

院内感染を予防する徹底した衛生管理

*
患者さんごとに診療器具を交換し
洗浄・消毒・滅菌する「衛生サイクル」
衛生管理が不十分な診療器具は、重大な感染経路となり得ます。
名東区の歯医者 いざわ歯科では、患者さんごとに診療器具を洗浄・消毒・滅菌しています。国際基準に準拠した滅菌器をはじめ、飛沫を吸い込んで治療空間を清潔に保つ口腔外バキュームなど、多数の衛生設備を取り揃えることで、安全性の高い歯科医療を提供しています。
  • 消毒:細菌の感染力を、害のない程度まで弱らせること
  • 殺菌:付着している細菌を、完全ではないが殺すこと
  • 滅菌:あらゆるウイルスや細菌を、完全に死滅させること
*
世界最高水準 クラスB滅菌器
診療器具に付着した唾液や血液には、新型コロナウイルスをはじめ肝炎・HIV(エイズウイルス)など、様々な細菌やウイルスへの感染リスクが潜んでいます。
当院では診療器具の徹底した滅菌処理を行っています。治療ごとに洗浄・消毒して汚れを取り除き、さらに滅菌器(真空と蒸気の注入を繰り返して菌を吹き飛ばす機器)を使用して内部にまで付着した細菌・ウイルスを完全に死滅させます。
滅菌器の中でも、ヨーロッパの最も厳しい滅菌基準をクリアした「クラスB滅菌器」を導入しており、患者さんを感染症から守ります。
Point
当院導入クラスB減菌器
当院導入「クラスB」とは
高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)には、ヨーロッパで定められた世界で最も厳しい安全基準があります。上から3つのクラス(B・S・N)に分類され、当院では一番上の「クラスB」の滅菌器を採用しています。
複雑な形状の治療器具や滅菌パックに入れた状態でも、すみずみまでしっかりと滅菌することができます。
専用機器で細部まで徹底滅菌
ハンドピース滅菌器
歯を削る際に使用する治療器具(ハンドピース)は複雑な構造をしているため、専用滅菌器を使用し、内部まで付着した細かな細菌・ウイルスも徹底的に除去していきます。
飛沫吸引で診療空間を清潔に
口腔外バキューム
歯科治療では、どうしても水しぶきや細菌・ウイルスを含む粉塵が飛散します。それらを患者さんが吸い込まないように口腔外バキュームで素早く吸引し、診療空間を清潔に保ちます。
Check
院内感染予防のための取り組み
*
滅菌後は清潔に保管
滅菌まで完了した治療器具は、無菌状態を保つために滅菌パックのまま空気や人の手に触れないよう殺菌灯の元で保管します。
*
使い捨て製品を使用
滅菌ができない器具(グローブ、紙コップ、紙エプロン、注射針など)は、常に清潔を保つために使い捨ての物を使用しています。
*
衛生意識向上を徹底
スタッフ全員が適切な手洗いや院内の清掃・消毒を行っています。衛生意識を向上し、人を介した感染の予防に努めています。

HIGH QUALITY

高度治療・的確な診断を支える先進設備

視野拡大で細部まで見える化/効率的で正確な精密治療
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)
歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を使用して、肉眼を大きく超えた拡大視野で患部を把握することができます。診断・治療の精度が向上し、患者さんご自身の歯を出来るだけ残すことに役立ちます。
拡大視野により患部を鮮明に捉えるため、歯に付着した汚れを見逃さず、虫歯治療においては歯の削る量を抑えた低侵襲治療に繋げます。
またマイクロ単位での調整が可能となり、見た目も美しくピッタリな被せ物・詰め物治療ができるため、再治療リスクを軽減できます。
さらに、これまで歯科医師の勘や経験に頼らざるを得なかった歯の神経(根管)治療やインプラント治療の精度を格段に向上させるなど、幅広い分野で力を発揮します。
Point
肉眼の最大21.25まで拡大
*
高精度な治療
詰め物・被せ物の適合精度を高め、細菌が入り込む隙間なく装着できます。それにより外れにくく長持ちし、虫歯の再発予防にも貢献します。
*
診断力の向上
肉眼では確認できないほど小さな歯の隙間、歯の根、神経の状態を的確に診断し、虫歯の早期発見など患者さんのお口の不調を見つけやすくなります。
*
歯の保存
治療部位を細部まで観察できることから、歯を削る範囲を最小限に抑え、健康なご自身の歯を残せる可能性が向上します。

被せ物・詰め物治療、根管治療、インプラント、
クリーニングなどで活躍します

低被曝/立体撮影
歯科用3D(立体)CT
従来のレントゲンではお口の平面情報しか得られませんでしたが、当院が導入した歯科用3D(立体)CTを使用することで立体・スライス画像の取得が可能となりました。
骨や歯の根(根管)の形から神経の位置までも把握でき、お口の状態をより詳細に多角的に捉えられます。
的確な診断により安全な治療を行うことが可能となり、一般的な治療はもちろん親知らずの抜歯など高度治療にも役立ちます。
撮影部位が口元に限られるため短時間で撮影でき、放射線量も比較的少なく身体への負担も軽減できます。
視野を肉眼の8倍に拡大
歯科用拡大鏡
肉眼の8倍まで視野を拡大できるため、初期のごく小さな虫歯や歯のわずかなひび割れ、凹凸などを発見できます。
患部の繊細な治療が可能となり、歯を削る量を抑えるなど患者さんの負担が軽減されます。
治療前後のお口を記録し比較・管理
口腔内カメラ
歯とお口の状態を専用のカメラで撮影します。撮影データは他の検査結果などと合わせて、お口の変化を比較・管理していきます。
患者さんご自身にご確認いただくことで、歯科治療でどれだけ改善されたかを実感していただけます。
Merit
*
検査結果の資料をもとに
分かりやすく説明・
お口の状態を「見える化」
歯科用3DCTや口腔内カメラで撮影した画像など、患者さんの口腔内の状況を画面に表示し、確認しながら治療計画・内容をご説明いたします。
処置前後で画像を比較することができるため、お口の健康管理の大切さを実感していただけます。

CEREC SYSTEM

治療精度・効率性を向上

短時間で高精度な歯型採得/従来の不快感・苦しさを軽減
3D光学スキャナー
歯型を取る場合、従来ではお口の中に印象材(粘土のような材料)を入れてしばらく固定する必要がありました。不快感があるほか、採取した歯型も精度に若干のブレがありました。
名東区の歯医者 いざわ歯科では患者さんに快適に治療を受けていただくために、数分間お口の中をスキャンするだけで歯型採得が可能な3D光学スキャナーを導入しています。
高精度なデジタルデータを迅速に採得することができ、歯型の変形や手技による精度の差が生じる心配もありません。
従来の型取り
  • 石膏模型が欠けたり変形することがある
  • 型取り後に石膏模型を作る必要があるため、技工物の完成まで時間がかかる
  • 歯型採得の材料が固まるのを待つために、口を開けた状態でしばらくじっとしていなければいけない
  • 歯型採得の材料は粘土のような触感で独特な臭いがあり、お口に不快感がある
3D光学スキャナーでの型取り
  • お口に入れるカメラは小さく、嘔吐反応の強い方でも安心
  • 歯列に沿ってスキャンするだけで、短時間で完了する
  • 高精細のデジタルデータで歯型採得ができる
  • スキャンした画像はデータ化されるため石膏模型を作る手間がなく、スピーディに技工物を作製できる
  • 多角的な立体画像をその場で確認でき、現在のお口の状態を患者さん自身が見ることができる
*
CAD/CAM装置
3D光学スキャナーで採得した高精度なデジタルデータを元に、セラミックのブロックを被せ物・詰め物といった修復物に仕上げていきます。
歯科技工士が手作業で石工模型を作製する必要がなく、設計・切削加工まで院内で行えるため、安定した品質の修復物が完成します。
セラミックは耐久性に優れ、天然歯に限りなく近い色と質感を再現することができます。
Merit
*
スムーズな
修復物作製が可能に
3D光学スキャナーで採得したデジタルデータを元に院内で修復物の設計・加工ができるため、治療開始から修復物の装着までスムーズに進むことができます。
*
審美性・耐久性に優れた
高精度な修復物
手作業で制作する修復物は、どうしても精度に差が生まれます。
デジタルデータでは、精度・審美性・耐久性が安定した修復物の提供が可能です。
*
身体にやさしく
虫歯リスクも低い
セラミックによるメタルフリーの修復物を作製できます。
金属アレルギーの心配がなく、天然歯との結合力も優れているため隙間からの虫歯菌の侵入も予防できます。

PAINLESS

痛みや不安を軽減するために

視野拡大で細部まで見える化/効率的で正確な精密治療
電動麻酔注射器
治療時の痛みが苦手、それをなくすための麻酔も痛くて嫌という方も多いです。麻酔時の痛みの原因は麻酔液の注入スピードや圧力の不安定さと言われており、人の手で解消することは困難です。
そこで名東区の歯医者いざわ歯科では、コンピューター抑制によって麻酔液の注入スピードを一定に保ち、安定した圧力で麻酔液を注入できる「電動麻酔注射器」を導入しています。
麻酔時の痛みが軽減され、快適に治療に入っていただけます。
Check
針を刺すときの痛みを軽減
さらに痛みを抑えるために
麻酔には針が刺さる時のチクッとした痛みも苦手な方が多くいらっしゃいます。
いざわ歯科では、針を刺す箇所にあらかじめ「表面麻酔剤」を塗布することで感覚を麻痺させるほか、33G(0.2mm)の極細針を使用することで、少しでも快適に麻酔を受けられるよう配慮しています。