オーダーメイドの入れ歯なら
名古屋市名東区の歯医者 いざわ歯科

ご予約・お問い合わせ
052-775-2037

9:00-12:30/14:00-18:00 (土曜は17:00まで) 休診 木・日・祝

MEDICAL

入れ歯(義歯)

オーダーメイドの精密入れ歯で
快適な生活を
「入れ歯で硬いものがしっかり噛めない」「入れ歯がズレて落ちないか心配で笑いにくい」
合わない入れ歯を使い続けて、ストレスを溜めていませんか?
名東区の歯医者 いざわ歯科は、患者さんのお悩みに寄り添う
オーダーメイドの入れ歯をご提供しています。

快適な入れ歯を
ご提供するために

*
現状のお悩みをしっかりとお伺いします
名古屋市名東区の歯医者 いざわ歯科は、よく噛めて長持ちする質の高い入れ歯(義歯)をご提供するために努めています。
患者さんのお口の状態を詳しく検査し、事前カウンセリングでお悩みやご要望をしっかりとお伺いします。「装着時に不快感が少ないものが良い」「費用が高くてもいいから目立たないものが良い」などご希望をお聞かせください。患者さんにピッタリのストレスフリーな入れ歯をご提案いたします。
初めての入れ歯から、作り直しをされたい患者さんまで、まずはお気軽に当院へご相談ください。

当院の入れ歯のこだわり

*
義歯を専門とした熟練の歯科技工士と連携し
高品質な入れ歯をご提供します
入れ歯に関する様々なご要望にお応えするために、入れ歯を専門としていて信頼できる熟練の歯科技工士と連携体制を整えています。
お口にぴったりフィットするクオリティの高い入れ歯で、患者さんの生活の質を向上させます。
他の歯科医院で「入れ歯ではこれが限界」「インプラントしか方法がない」とと断られてしまった方も、まずは一度名東区の歯医者 いざわ歯科へご相談ください。豊富な知識と経験に基づき、可能な限りご要望にお応えした入れ歯をご提案します。

入れ歯の種類

  • 部分入れ歯1〜少数の歯を失った場合
    歯を部分的に失ってしまった場合に選択する入れ歯です。
    人工歯、歯茎を補う床(しょう)、これらを周囲の歯に引っかけて固定する留め具(クラスプ)から構成されています。
  • 総入れ歯多数〜すべての歯を失った場合
    歯を大部分〜全て失ってしまった場合の入れ歯です。
    人工歯、歯茎の代わりとなる床(しょう)から構成され、口腔内の粘膜に吸着させて本体を固定します。
部分入れ歯:クラスプ(留め具)は金具のみ/総入れ歯:人工歯と床はプラスチック
保険診療の入れ歯
保険診療の入れ歯は、使用できる素材が限られています。
総入れ歯の場合は、人工歯と床(しょう=歯ぐきとなる部分)はプラスチックやレジンなどの樹脂素材に限られ、耐久性を確保するために床は一定の厚みが必要になります。それにより装着時に違和感があったり、食べ物の味や温度を感じ辛いことがあります。
部分入れ歯の場合は、使用されるクラスプ(留め具)が金属のみに限られるため、目立ってしまい入れ歯だと気づかれやすく、審美性に劣ります。
メリット
  • 保険が適用されるので、比較的安価に作製できる
  • 破損した場合、比較的容易に修理ができる
デメリット
  • 床が厚く、装着時に違和感を感じやすい
  • 味や温度が伝わりにくく、食事を快適に楽しめない
  • 長期間の使用で変色が起きやすく、すり減りやすい
  • 匂いや汚れを吸着しやすい素材が多い
部分入れ歯:クラスプが無いものなどの選択が可能/総入れ歯:金属床など様々な素材の選択が可能
自由診療の入れ歯
自由診療(自費診療)の入れ歯は使用できる素材の制限がなく、患者さんのご希望に合わせた入れ歯をご提供できます。
保険適用の素材よりも費用は高くなりますが、強度や耐久性に優れよく噛める素材、熱伝導率が高く食事を楽しめる素材、汚れや臭いがつきにくく劣化が少ない素材、審美性が高く見た目の影響が少ない素材などを自由に使用できるため、フルオーダーメイドでストレスの少ない、満足できる入れ歯を作製することができます。
メリット
  • 薄く柔らかい素材を選択することで、装着時のストレスが少ない入れ歯を作れる
  • 金属のクラスプ(留め具)のない部分入れ歯を選択でき、金属アレルギーの心配もなく、見た目もきれいに
  • ご自身の歯に近い見た目や機能性を追求できる
デメリット
  • 保険が適用されない
  • 制作工程が多く完成までに多少時間がかかる

当院おすすめの入れ歯

*
金属床義歯

総入れ歯の床(しょう=歯ぐきとなる部分)が金属でできている入れ歯です。
保険入れ歯の樹脂よりも耐久力があるため長持ちし、3分の1まで薄くできるため装着時の違和感が軽減されます。また金属は熱を伝えやすいため食べ物の温冷を感じやすく、食事を快適に楽しむことができます。
金属アレルギーの方でも、生体親和性の高い金属を選んでいただけるため心配も少なくなっています。

*
スマートデンチャー
(ノンクラスプ)

固定するための金属の留め具(クラスプ)がない部分入れ歯です。
歯を固定する部分と床(しょう=歯ぐきとなる部分)が歯ぐきに近い色の柔らかい素材でできています。
そのため周囲の健康な歯を傷つける心配がなく、不快感なく装着することができる上、審美性を損なわない自然な見た目を再現できます。

*
アタッチメント義歯

磁石が入った入れ歯で、歯根に金属を埋め込んで磁力で固定します。
金属の留め具(クラスプ)がないため、周囲の歯を削って負担をかけることがなく、審美性も高いです。
磁力でしっかりと固定されるため、スマートデンチャー(ノンクラスプ)以上の安定感を期待でき、取り外しも可能で機能面でも優れています。

入れ歯のメインテナンス

*
長く使っていただくために、
定期的な
メインテナンスを
入れ歯は人工物なので、虫歯や歯周病になることはありません。
しかし入れ歯に汚れが溜まったままだと口臭の原因になったり、残存歯が虫歯や歯周病になってしまうリスクが高まります。最悪の場合はさらに健康な歯を失い、入れ歯を作り直すことになる可能性があります。
残った歯を失わず、せっかく作った入れ歯を長く使用していくためにも、毎日の歯みがきや入れ歯のお手入れを心がけていただき、歯科医院で定期的な検診とクリーニングを受けるようにしましょう。

予防歯科について